グローバルアトラクションが最終回を迎えてしまった

ご存知ない方はPGLを見て貰えばわかると思いますが、グローバルアトラクションが第9回を持って終わりました。

 

3ds.pokemon-gl.com

 

第1回の野生ポケモンを1億匹捕まえるというありえないミッションからはじまり、無事それが失敗し、次のグローバルアトラクションも失敗したことから第3回からかなりハードルが低くなってほとんどアイテムとフェスコインのばら撒き企画になっていました。

 

正直このグローバルアトラクションは認知度も低く、難易度がぬるくなった第3回くらいになると他のゲームに移った人もいてこの企画を知ってるか知らないかで大きな所持フェスコインの差がついてしまって、一部の人はそれで萎えてしまったかもしれないです。

(そんなんで萎えるような人はそもそもポケモン長続きしませんが)

このグローバルアトラクションという企画は空回り、失敗したと僕は思っていて、ポケモンブラック・ホワイトからPGLというインターネットとゲームを連携させる遊びは、サン・ムーンに至っても下手だなあと思ってしまいました。

 

そもそも第1回が開かれたのがサン・ムーンが発売してちょっと経ったあとなのに、野生ポケモンを1億匹捕まえるなんて達成できると思っているのがおかしいと思います。

やるなら発売と同時にやらないと達成できると思いませんよ普通。(ちなみに第1回結果は目標の10分の2にも満たなかった)

僕はポケモンが大好きなので、ウルトラサン・ウルトラムーンでまたインターネットと連携した遊びをさせるなら、もうちょっとプレイヤーの立場に立って計画を立ててほしいと思います。

 

 

 

BW当時サーバーが混んでエラーでまくりだったポケモンドリームワールドを遊んだことがある人ならわかりますよね?ᕦ(ò_óˇ)ᕤ