ポケモンサファイア ノーマルポケモン縛りをクリアした

つい先日言ってたポケモンサファイアをノーマルポケモンだけで遊ぶしばりプレイをクリアしました。

radobo.hatenablog.jp

ノーマルポケモンの強みはなんといっても好き嫌いのなさ。

弱点こそとれませんが一致攻撃を等倍で当てることが多いので、極端に硬い敵と当たることなんてないですし、受ける方も弱点はかくとうタイプしかないので、すぐに落とされることはないです。

 

それでもノーマルポケモンは数字が低いポケモンが多くて。

ある2体のポケモン以外は打たれ弱くて弱かったです。

ポワルンだったりキリンリキだったりドードリオだったり。

ポワルンはウェザボが強いですし、キリンリキは一致サイケこうせんが強いですし、ドードリオはトライアタックが強い。

でも返しの攻撃で黄色・赤ゲージまで削られるのがザラでストーリーに向いてないです。

 

ある2体のポケモンというのはケッキングとバクオングです。

やってる途中から薄々感じてたんですけど、ヤルキモノドゴームに進化してからは、あっこれはこの2体だけ集中して育てたら簡単なゲームになるぞと思いましたね。

 

ケッキングは特性以外完璧なポケモンで、耐久も高いし攻撃も強力です。

あくびを自力で使えるんであくびからのきあいパンチもスムーズに撃てます。

はかいこうせん、きあいパンチ、アンコール、あくびの技構成はもう最強でしたね。

 

バクオングは技範囲の広さがいいですね。

そもそもノーマルポケモンはなんでも覚えます。

でもバクオングは両刀可能な種族値なので一致のノーマル技とサブウェポンの特殊技がすごい便利です。

シャドーボールはかいこうせんだいもんじれいとうビーム、どんな敵でも対応できます。

 

色んなポケモンが使いたかったんでパーティのポケモンは平等に育てましたが、正直ケッキングとバクオングだけで無双したいなってずっと思ってましたね。

この2体のスペックが圧倒的すぎる。

 

殿堂入りメンバーは、キリンリキドードリオ、ケッキング、バクオングポワルンルリリでした。

ルリリの枠はものひろい要因でマッスグマでもいいんですが、6体も育てる余裕なかったんでお遊び枠です。

 

 

今回のしばりプレイ、ルビーとあわせて何か共通点があるのはわかりますか?

自己満企画なんでわかるわけないと思うんですが、実はルビーでどく縛り、サファイアでノーマル縛りをすることで”やや”縛りとキツくしてます。

何が言いたいかと言うとですね、ルビーにはどくタイプのハブネークが出現せず、サファイアにはノーマルタイプのザングースが出現しないんですよね。

だからあえてそうすることでちょっとだけ縛りをキツくしてるというか…

どうでもいいですね、はい。

 

クリアした後に、リーフグリーンもなんか縛りをやろうとしてた形跡があったんで、思い出したらやっていこうと思います。

 

フェスを最後までやり遂げました

スプラトゥーン2、つい先日に最後のフェスが終わりました。

スプラトゥーン2が発売してから僕は1つやり遂げようと思ってたことがあって。

それは全部のフェスをえいえんになるまで遊ぶことです。

完全に自己満なんですけど、無印の時に訳ありでスプラトゥーンができない時期があって。

その時のフェスを1秒もやれなかったことが残念に思っていたので、2はもう遊び尽くしてやろうと。

そう思ってた次第です。

 

次の日の朝が早いのに睡眠時間を削ってまで遊んだり、負けまくってて全然えいえんに辿り着けなかったりと、簡単な道のりではありませんでしたが、なんとか最後まで遊べました。

特に僕の場合、フェスを1人でやることが多かったのがキツかったですね。

1人で遊ぶことに抵抗はありませんが、フェスの仕様で、チームメイトと同じ服装だったりブキにして勝利すると貰えるポイントが多くなって、早くえいえんになることができるようになったんですね。

その恩恵を活かすことが出来なくて毎回3時間近く遊んでたのは中々に大変でした。

気軽にフェスを共に遊べる仲間がいれば良かったんですが、人格破綻者の僕ではそうはいかなかったです。

 

正直フェスに関して、人を誘っても誰も乗ってくれなくて嫌な気持ちになったりといい思い出があまり無いです。

でももうそんな苦悩は終わりというかもう無いですので。

解放された気持ちがあります。

 

ゲーム自体はとても好きですよ。

色んなブキに人権があるので何使っても楽しいですし、しばらく"煽りイカ"なるものも見てませんしね。

スプラトゥーン2の更新は今月末をもって終了するそうなので、今他にやってるゲームが終わったら、S+で終わってるガチヤグラ、ホコ、アサリをウデマエX目指して遊んでみようかなと思ってます。

今の積み?ゲー

ここ最近黙々とあるゲームをやっていくって感じなんで特にブログを書くこともなく、ゆったりした毎日を過ごしています。

どうせ11月からポケモンやりまくるんでつかの間の休息というかヒマって感じですかね。

 

 

①Cuphead

あとボス2人を残した状態です。

めちゃくちゃ強いので時間はかかるでしょうけどまあそのうち倒します。

クリアするとハードモードが出るそうなのでそれもやると思います。

このゲームめちゃくちゃおもしろいので。

 

②The Messenger

追加の無料DLCです。

今はボス2体を倒した状態で、あとどれくらい残ってるかわからないですけどまあ普通におもしろいですね。

これもこの夏に終わらせたいですね。

 

 

…以上ですね。

他にも色々ゲームはありますが、もう面白くないので遊ばなかったりって感じなので実質積んでるゲームはこの2つしかないです。

ブログタイトルどおりゲームが生きがいとは言いますが、他にもいくつか趣味があるのでそっちで充実してるので秋まで繋ぐことは余裕ですね。

 

9月にゼルダも出ますし、趣味に事関しては大変充実した毎日を遅れると予想できますね。

人生も充実させていきたいですね。

今人間関係が良好なのでさらに向上させていきたいです。

ポケモンサファイアでノーマルタイプポケモン縛りを遊んでる

最近ポケモンを遊んでなかったのでそろそろやるかな~と思って昔のポケモンを漁ってました。

VCで初代をやろうかなと検討したんですが、一番周回した3世代を遊ぼうと思って色々見てたんですね。

で、ルビーをやろうと思ったら面白いデータが残ってて。

 

どくタイプのポケモンだけでクリアしたデータがあったんですね。

マタドガスベトベトンドククラゲラフレシアクロバットマルノーム

ホウエンにはそんなにどくタイプのポケモンは存在してないんですけど、どいつも頼もしいポケモンばっかりで、サブウェポンも強くて(むしろ毒技が弱い)遊んでて楽しいんですよね。

そんな思い出をデータを見たときに思い出しましたがそれと同時に1つ心残りがあって。

 

どくタイプだけでルビーっていうのと同時にノーマルタイプでサファイアを遊ぶっていう企画をやってたんですね。一人で。

ルビーの方は実はドクケイルのねんりきが序盤結構使いやすくて最初のジムもその次も余裕なんですね。

でもノーマルタイプ縛りで遊びだすとそうもいかなくて…。

ルビー・サファイアの最初のジムっていわタイプなんですよね。

いわタイプのジムってことはノーマルタイプの技が半減されるんです。

しかもノーマルタイプは序盤で多く手に入れることができますが、どれもサブウェポンが皆無です。

ジグザグマスバメナマケロ、エネコ、ゴニョニョ

想像してもらえばわかると思いますが、みんな低レベルのうちはノーマルタイプの攻撃技しかありません。

 

これがかなりキツくて…いわジムを突破するのにレベリングも必要ですし、小細工も必要なんですよ。

どう攻略しようとしても時間がかかるのでいつ開始したのかわからない企画でしたが完全放置してました。

 

そんなことを思い出したので気合をいれてなんとかクリアすることができました。

まずカナズミジムのツツジの手持ちはイシツブテノズパス

攻撃が半減されてもしっぽをふるで防御を下げてみたら?と思いつくと思いますが、それぞれまるくなるとかたくなるを覚えるんです。

だからもう運勝ちするしかないんですよ。

ジグザグマのすなかけで命中率を6段階下げてひたすら手持ち総攻撃で急所狙い。

ナマケロのあくびで眠らせたりしてジグザグマのものひろいで拾ったプラスパワーを頃合いを見て4つくらい積んでジグザグマのずつきで攻撃しつつ怯み狙い。

これでなんとか突破することができました。

がんせきふうじで攻撃順が入れ替わったりするんで中々うまくは行きませんが根気勝ちですよね。

イシツブテはPPを切らせて勝ちましたがまるくなるのPPは40もあるんで中々の地獄でしたよ。

 

その鬼門を突破してしまえば後は結構スイスイ遊べましたね。

今はヒワマキジム前で

ドゴームヤルキモノドードーポワルンキリンリキマッスグマ

と、メンツも固まってきました。

なぜノーマルタイプ縛りにしたかというと、冒険に必須の秘伝技要因をすべてノーマルタイプのポケモンで補えるんですよね。

たきのぼりルリリしか使えないので、ルリリを使うためにマリルを捕獲しましたけども。

 

 

やっぱ久しぶりにポケモンやると面白いですね。

特に昔のポケモンはムービーがないからサクサク進んでめっちゃ楽しい。

ムービーって初見はいいですけど2回目からはそんなに見たくないですからね。

ムービースキップがないポケットモンスターというゲームでは特に感じます。

毎日家に帰ってきてサファイアをちまちま進めるのが楽しくてしょうがないです。

最高!

ポケモン剣盾で全てのポケモンが見れない…

(またしても日記にするのがクソ遅いですが…)

この前のE3の任天堂のツリーハウスにて、ポケモンソード・シールドのプロデューサーとディレクターによる実機プレイが行われました。

そこで増田Pが話したことが大きな波紋を呼んでいます。

 

https://youtu.be/hhVCdxtofWU?t=6023

 

言ってるとおり、ガラル地方に生息しているポケモンしか次世代のポケモンバンクポケモンHOMEと出し入れ出来ないみたいですね。

これの何が話題かというと、自分の好きなポケモンが登場しない可能性があるんですよね。

お気に入りのポケモン、嫁ポケモンのHDグラフィックが見れないし一緒に冒険ができないんです。

 

まあ〜これは人によってはふざけんなよって思いますよね。

ポケモンはルビー・サファイアからUSUMまでずっと繋がっていて、3世代以降の嫁ポケモンギザみみピチューを除いてあらゆる世代のあらゆる遊びを共にできていたわけです。

3世代産まれのポケモンがDPtのコンテスト、HGSSのポケスロン、BW1のミュージカル、BW2のPWT、XYのポケパルレ、USUMのアローラフォトクラブ。

こんなに世代ならではの遊びを共にしたポケモンがSwitchに登場せず、ダイマックスさせてあげることができない可能性があるんです。

そりゃもう非難轟々になるのはしょうがないことですよね。

これだけ連れまわせるのなら今回もいけると思うはずですから。

 

でも冷静に考えたらそれって異常なことで。

今までが凄すぎただけでここいらで一旦お留守番になってしまうのは時代の流れとして仕方のないことかもしれません。

消費者は好き勝手言えますが、制作側にしかない問題はいくつもあるんでしょう。

 

僕がこういう風に冷静になれるのは嫁ポケモンが存在しないからです。

全てのポケモンを平等に愛しているからです。

お気に入りのポケモンはいますよ。カプ・コケコやバンギラス、ジャララランガは好きです。

でも昔からの相棒とかはいないですからね~…。ポケモンは種族として好きですから。

だから不満を言う人に共感することはできないです。

 

 

 

僕から1つ提言というか、お願いがあるんですけど。

今回のポケモンは糞だ!、とプレイもせずに不満を言っちゃう人は沢山出てくるでしょう。もうそれは仕方ないです。

でも楽しく遊び人もいるんで、その人達には水を刺さないで欲しいなと思いますね。

ポケモンはユーザー層も幅広く、特に未成年が多いのでこうあるべき!という凝り固まった考えの子もよくいます。

これは僕がポケモンが好きで色んなコンテンツに触れていると、常日頃感じてることです。

そんなさ~遊ぶ前から文句言ってもしょうがなくない?って思うんですよ。

いくら言おうがもう決まったことですし変わらないじゃないですか。

もう少しオトナになれませんか?

なんか煽ってるみたいになってますけど…。

 

 

僕は死ぬほど楽しみですよ。初の据え置き本編ポケモンなんで。

対戦ゲームはそこまで得意ではないですけど、知ってる人がスマブラで日本一になったり世界一になったりしてますからね。僕も強くなりたいなって影響うけてますよ。

ポケモンダイレクトの振り返り

こういう記事って鮮度が一番大事なんですけどね。

まあ良くて100viewでbotばっかり閲覧してる当ブログでそんなことを気にしませんが。

 

www.youtube.com

 

さて先週の水曜日のポケモンダイレクトですが、個人的にはそこそこ興奮しましたね。

わからないことがいっぱいなのでオーッっていうほどのリアクションはありませんでしたが、発売日が11月15日に決まったっていうのが分かっただけでも嬉しいです。

冬っていうんで12月だろうなと勝手に予想してたので。

まあこの時期なら発売日と伝説のポケモン、そしてメガシンカのようなバトルにおける新要素の発表っていうくらいが情報量としては普通じゃないですか。

 

 

じゃあ出た情報を1つ1つ見ていきましょう。HPを見ながら。

www.pokemon.co.jp

まず、今作の舞台となるガラル地方はポケモンバトルが一番人気のエンターテイメントっていう設定なんですって。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/story/190605_02.html

ポケモンバトルに重きをおいたポケモンっていうのは今まで無かったのでそこがまず新鮮ですよね。

ポケモンバトルが楽しいものっていうのはおろか、観戦しても楽しいっていう視点はあまりなかったと思います。

ガラル地方はイギリスが舞台とされていて、同じ欧州が舞台だったカロス地方との関わりも気になるところです。

 

ひでんワザは今回も無さそうですね。

XY・ORASまでは当たり前だったひでんワザはサン・ムーンから無くなっていましたが、今回も無さそうです。

そらをとぶ」は新ポケモンのアーマーガアがそらとぶタクシーとしてその役割を担っています。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/pokemon/190605_09.html

これがポケパークのフワライドみたいな感じだとがっかりですが、今までどおりのそらをとぶと同様にどこでも呼び出せるファストトラベルだと信じています。

なみのり」は自転車の拡張機能として登場するっぽいです。

ここには自転車が水上移動以外にも他にできることがあると示唆されているので楽しみですね。僕の予想は4世代のロッククライム的なことを兼ねるんじゃないかなと予想しています。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/story/190605_03.html

 

 

ポケモンについて。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/pokemon/

やっぱり杉森建氏のイラストだと、どんな新しいポケモンでもあっポケモンだっていう風に感じますね。

まず伝説ポケモンのデザインがいいですよね。

今までになかった互いがすごく似てるのが斬新です。

両方とも犬っぽいのがかわいらしくて、でもかっこよくもあって。

タイプも鋼が入るのかなあ?ぐらいしか予想できなくて、どんなタイプになるのか楽しみです。

 

次にヒメンカ・ワタシラガ。

草単タイプのシンプルなポケモンですが新特性の「わたげ」が凶悪です。

相手から攻撃を受けたら素早さを1段階下げるとのことで、一見「ぬめぬめ」や「カーリーヘアー」と同じように思いますが、もしかすると過去2つの特性と違って、”直接攻撃”じゃなくても素早さを下げられるかもしれません。

もしそうだとすると、脱出ボタンとのコンボで簡単に起点を作ることができてしまいます。

シングルバトルだとビビヨンが大暴れしてしまうかもしれないので流石にそれはないかもしれないですけど…。

 

続いてウールー。

ヌイコグマキテルグマ以外で初の「もふもふ」の特性のポケモンです。

めちゃくちゃかわいいですよね。全部がかわいいです。

知り合いが、人間の髪の毛のように結ってるから2足歩行になりそうで恐いと言っていましたが、僕もそうなったら嫌だなと思うのでゴーゴート路線でよろしくおねがいしたいところです。

 

続いてアーマーガア。

このポケモンの面白いところはタイプ1がひこうタイプなところです。

ひこうタイプというのは基本的にはポケモンの属性がまずあって、それに付属するものというのがポピュラーなんですよね。

だって、進化前にひこうタイプが無いポケモンがざらで、ヒトカゲの時にタイプ1がほのおだったのにリザードンになってタイプ1がひこうになったらおかしいじゃないですか。

タイプ1、タイプ2っていうのはそういうポケモンのイメージ的なのを形作るのにも役立っているんですよね。

これを見た方は自分の好きなポケモンのタイプをよく確認してみてください。

それでタイプ1がひこうのポケモンなんですけど、これはトルネロスオンバットオンバーンしかいなかったんですよ。(アルセウス等は除きますよ)

つまり飛行することがメインのポケモンであって。

だからこそ最初らへんに書いた、ポケモンタクシーのポケモンに抜擢されているわけですね。

ポケモンってディティールが細かいんですよ。ちゃんとしてるゲームなんですよ。

ひこうタイプとはがねタイプの複合はこれで3種類目ですが、もうそろそろアタッカー寄りの数字になってたりするかなと思います。

耐久寄りの数字だったら特性と噛み合い過ぎてるような気がするんで。

 

最後にカジリガメ。

前作ではマタマタモチーフのバクガメスというポケモンが出てきましたが、今度はカミツキガメがモチーフのポケモンですね。

みずといわ複合のポケモンは飽和状態ですが、「がんじょうあご」が適用される技をいっぱい覚えたらいいなと思いますね。それは特色ですから。

 

 

登場人物について。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/character/

ポケモンお馴染みのライバルがなんとチャンピオンの弟っていうね。

もうここからしポケモンバトルに重きを置いたストーリーということが伺えますよね。

ライバルが強いトレーナーの弟という設定は、お父さんがタワータイクーンダイヤモンド・パール・プラチナを彷彿とさせますが、公式サイトでこう、ちゃんと血縁関係が示されているというのははじめてのことじゃないですか?

 

ポケモン博士は初の老女ですね。

ポケモン博士は超重大な人物になったりならなかったりで予想し辛いですね。

ククイ博士の正体もありそうでなかった展開で良かったんで、できればマグノリア博士も空気な存在にはなってほしくないですね。

助手のソニアは現チャンピオンダンデの幼馴染。

この設定は最大限活かしてくるでしょう。

ダンデとソニアがいちゃいちゃする地獄のようなシーンを見せられそうでゾッとします。

 

ジムリーダーのヤローはハリボーグの擬人化みたいで気持ち悪いです。

まあ慣れるとは思いますが…。

 

 

最後にシステムについて。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/system/190605_04.html

まずマックスレイドバトルですが、わからないことが多すぎてなんとも言えないです。

フレンドとオンで同じ敵を倒すっていう遊びは今までなかったので、そこだけ見るとすごい楽しそうですよね。

マックスレイドで捕まえないと出会えないポケモンがいるんでしょうけど、最終的にタマゴ孵化で厳選するんでそこはなんとも思わないです。

 

目玉はダイマックスですよね。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/system/190605_02.html

ジュエル、メガシンカZワザに続くポケモンバトルの要素です。

これはねー…いいですよ。

何がいいってダイマックスはどんなポケモンでもできるということ。

メガシンカって特定のポケモンしかできなかったんですよね。

メガシンカができるポケモンはいっぱいいるんで、その中でもお気に入りができるならまあそれはそれでいいんですが、やっぱり好きなポケモンそのままの姿のまま戦えるのが一番いいですよね。

バシャーモ好きな人ならメガバシャーモのことも好きになるとは思います。

思うんですけど…なんていうかせっかく恵まれたデザインのキャラクターがもう在るのに、それをいじらないでもいいかなっていうか…。

バトル面でもメガシンカによってサメハダーが一線級のポケモンになったりスピアーは唯一無二の存在になったりして+(プラス)になったことのほうが多いです。大きいです。

じゃあ、メガシンカが無かったポケモンは…?っていう話なんですよ。

メガシンカがあるもないも開発の匙加減なのでそこもモヤっちゃうというかね。

リザードンが2種類メガシンカ持ってるのも不公平で納得いってないです。正直。

メタグロスバンギラスみたいな元から強いポケモンメガシンカって…って思っちゃって。

商売的に人気のポケモンメガシンカを与えるっていうのは正しいことなんですけども。

 

そんな僕個人がメガシンカに対して感じていたことがダイマックスによって解消されたように思います。

ダイマックスはメガシンカと違って3ターンしか効果が発揮されないですしね。

ポケモンバトルがより面白くなりそうでめっっっちゃくちゃ期待してます。

 

 

 

こんなところですかね。ポケモンダイレクトを見て思ったことは。

いや~11月が死ぬほど楽しみです。

もっと情報がほしいですけど、新ポケモンについてはもう情報はいらないですかね。

6世代から発売前に情報を出しすぎでプレイした時に感動が薄れるんですよね。

 

あ~楽しみ。

 

最近日常話をしてませんが…

当ブログ、ちょっと前(冬)までは毎日更新してて、些細な日常の事とかも更新してましたが最近はさっぱりしてません。

それは何故かというと記事にするほど内容がある毎日を過ごしてないからです。

 

朝起きて、生業をして、帰ってきて速攻で入浴とご飯を済ましたら後は寝るまでネットで動画見たりゲームをやったりするくらいで。

マジでそれの繰り返しなんですよね。

ゲームも短くやってクリアしちゃうインディーゲームと永遠に遊べるスプラトゥーン2とフォートナイトを交互にやってる感じなので特に書き込むこともなく。

ポケモン以外そんなにゲームに詳しくないのでウンチクをたれたりする程でもないですしね。

 

もっぱら最近の興味は明日25時のニンテンドーダイレクト

これのために毎日過ごしてきましたから。

どうぶつの森やまだ見ぬ新作マリオカートリズム天国

新作が出たとしたら絶対やるぞ!っていうゲームはいくらでもあるのでそれ待ちみたいなところがありますね。

小学生の時の遠足ばりに楽しみなのでもはやコレ以外のことは考えられない状態…

っていうのがここ最近の日常ですね。強いて言うなら。

 

 

先週水曜日にあったポケモンダイレクトに関しての記事を上げてないのでそろそろ上げたいですね。

これについては語ることは山程あります。

調子がよかったら明日上げます。