ポケモンサファイアでノーマルタイプポケモン縛りを遊んでる

最近ポケモンを遊んでなかったのでそろそろやるかな~と思って昔のポケモンを漁ってました。

VCで初代をやろうかなと検討したんですが、一番周回した3世代を遊ぼうと思って色々見てたんですね。

で、ルビーをやろうと思ったら面白いデータが残ってて。

 

どくタイプのポケモンだけでクリアしたデータがあったんですね。

マタドガスベトベトンドククラゲラフレシアクロバットマルノーム

ホウエンにはそんなにどくタイプのポケモンは存在してないんですけど、どいつも頼もしいポケモンばっかりで、サブウェポンも強くて(むしろ毒技が弱い)遊んでて楽しいんですよね。

そんな思い出をデータを見たときに思い出しましたがそれと同時に1つ心残りがあって。

 

どくタイプだけでルビーっていうのと同時にノーマルタイプでサファイアを遊ぶっていう企画をやってたんですね。一人で。

ルビーの方は実はドクケイルのねんりきが序盤結構使いやすくて最初のジムもその次も余裕なんですね。

でもノーマルタイプ縛りで遊びだすとそうもいかなくて…。

ルビー・サファイアの最初のジムっていわタイプなんですよね。

いわタイプのジムってことはノーマルタイプの技が半減されるんです。

しかもノーマルタイプは序盤で多く手に入れることができますが、どれもサブウェポンが皆無です。

ジグザグマスバメナマケロ、エネコ、ゴニョニョ

想像してもらえばわかると思いますが、みんな低レベルのうちはノーマルタイプの攻撃技しかありません。

 

これがかなりキツくて…いわジムを突破するのにレベリングも必要ですし、小細工も必要なんですよ。

どう攻略しようとしても時間がかかるのでいつ開始したのかわからない企画でしたが完全放置してました。

 

そんなことを思い出したので気合をいれてなんとかクリアすることができました。

まずカナズミジムのツツジの手持ちはイシツブテノズパス

攻撃が半減されてもしっぽをふるで防御を下げてみたら?と思いつくと思いますが、それぞれまるくなるとかたくなるを覚えるんです。

だからもう運勝ちするしかないんですよ。

ジグザグマのすなかけで命中率を6段階下げてひたすら手持ち総攻撃で急所狙い。

ナマケロのあくびで眠らせたりしてジグザグマのものひろいで拾ったプラスパワーを頃合いを見て4つくらい積んでジグザグマのずつきで攻撃しつつ怯み狙い。

これでなんとか突破することができました。

がんせきふうじで攻撃順が入れ替わったりするんで中々うまくは行きませんが根気勝ちですよね。

イシツブテはPPを切らせて勝ちましたがまるくなるのPPは40もあるんで中々の地獄でしたよ。

 

その鬼門を突破してしまえば後は結構スイスイ遊べましたね。

今はヒワマキジム前で

ドゴームヤルキモノドードーポワルンキリンリキマッスグマ

と、メンツも固まってきました。

なぜノーマルタイプ縛りにしたかというと、冒険に必須の秘伝技要因をすべてノーマルタイプのポケモンで補えるんですよね。

たきのぼりルリリしか使えないので、ルリリを使うためにマリルを捕獲しましたけども。

 

 

やっぱ久しぶりにポケモンやると面白いですね。

特に昔のポケモンはムービーがないからサクサク進んでめっちゃ楽しい。

ムービーって初見はいいですけど2回目からはそんなに見たくないですからね。

ムービースキップがないポケットモンスターというゲームでは特に感じます。

毎日家に帰ってきてサファイアをちまちま進めるのが楽しくてしょうがないです。

最高!

ポケモン剣盾で全てのポケモンが見れない…

(またしても日記にするのがクソ遅いですが…)

この前のE3の任天堂のツリーハウスにて、ポケモンソード・シールドのプロデューサーとディレクターによる実機プレイが行われました。

そこで増田Pが話したことが大きな波紋を呼んでいます。

 

https://youtu.be/hhVCdxtofWU?t=6023

 

言ってるとおり、ガラル地方に生息しているポケモンしか次世代のポケモンバンクポケモンHOMEと出し入れ出来ないみたいですね。

これの何が話題かというと、自分の好きなポケモンが登場しない可能性があるんですよね。

お気に入りのポケモン、嫁ポケモンのHDグラフィックが見れないし一緒に冒険ができないんです。

 

まあ〜これは人によってはふざけんなよって思いますよね。

ポケモンはルビー・サファイアからUSUMまでずっと繋がっていて、3世代以降の嫁ポケモンギザみみピチューを除いてあらゆる世代のあらゆる遊びを共にできていたわけです。

3世代産まれのポケモンがDPtのコンテスト、HGSSのポケスロン、BW1のミュージカル、BW2のPWT、XYのポケパルレ、USUMのアローラフォトクラブ。

こんなに世代ならではの遊びを共にしたポケモンがSwitchに登場せず、ダイマックスさせてあげることができない可能性があるんです。

そりゃもう非難轟々になるのはしょうがないことですよね。

これだけ連れまわせるのなら今回もいけると思うはずですから。

 

でも冷静に考えたらそれって異常なことで。

今までが凄すぎただけでここいらで一旦お留守番になってしまうのは時代の流れとして仕方のないことかもしれません。

消費者は好き勝手言えますが、制作側にしかない問題はいくつもあるんでしょう。

 

僕がこういう風に冷静になれるのは嫁ポケモンが存在しないからです。

全てのポケモンを平等に愛しているからです。

お気に入りのポケモンはいますよ。カプ・コケコやバンギラス、ジャララランガは好きです。

でも昔からの相棒とかはいないですからね~…。ポケモンは種族として好きですから。

だから不満を言う人に共感することはできないです。

 

 

 

僕から1つ提言というか、お願いがあるんですけど。

今回のポケモンは糞だ!、とプレイもせずに不満を言っちゃう人は沢山出てくるでしょう。もうそれは仕方ないです。

でも楽しく遊び人もいるんで、その人達には水を刺さないで欲しいなと思いますね。

ポケモンはユーザー層も幅広く、特に未成年が多いのでこうあるべき!という凝り固まった考えの子もよくいます。

これは僕がポケモンが好きで色んなコンテンツに触れていると、常日頃感じてることです。

そんなさ~遊ぶ前から文句言ってもしょうがなくない?って思うんですよ。

いくら言おうがもう決まったことですし変わらないじゃないですか。

もう少しオトナになれませんか?

なんか煽ってるみたいになってますけど…。

 

 

僕は死ぬほど楽しみですよ。初の据え置き本編ポケモンなんで。

対戦ゲームはそこまで得意ではないですけど、知ってる人がスマブラで日本一になったり世界一になったりしてますからね。僕も強くなりたいなって影響うけてますよ。

ポケモンダイレクトの振り返り

こういう記事って鮮度が一番大事なんですけどね。

まあ良くて100viewでbotばっかり閲覧してる当ブログでそんなことを気にしませんが。

 

www.youtube.com

 

さて先週の水曜日のポケモンダイレクトですが、個人的にはそこそこ興奮しましたね。

わからないことがいっぱいなのでオーッっていうほどのリアクションはありませんでしたが、発売日が11月15日に決まったっていうのが分かっただけでも嬉しいです。

冬っていうんで12月だろうなと勝手に予想してたので。

まあこの時期なら発売日と伝説のポケモン、そしてメガシンカのようなバトルにおける新要素の発表っていうくらいが情報量としては普通じゃないですか。

 

 

じゃあ出た情報を1つ1つ見ていきましょう。HPを見ながら。

www.pokemon.co.jp

まず、今作の舞台となるガラル地方はポケモンバトルが一番人気のエンターテイメントっていう設定なんですって。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/story/190605_02.html

ポケモンバトルに重きをおいたポケモンっていうのは今まで無かったのでそこがまず新鮮ですよね。

ポケモンバトルが楽しいものっていうのはおろか、観戦しても楽しいっていう視点はあまりなかったと思います。

ガラル地方はイギリスが舞台とされていて、同じ欧州が舞台だったカロス地方との関わりも気になるところです。

 

ひでんワザは今回も無さそうですね。

XY・ORASまでは当たり前だったひでんワザはサン・ムーンから無くなっていましたが、今回も無さそうです。

そらをとぶ」は新ポケモンのアーマーガアがそらとぶタクシーとしてその役割を担っています。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/pokemon/190605_09.html

これがポケパークのフワライドみたいな感じだとがっかりですが、今までどおりのそらをとぶと同様にどこでも呼び出せるファストトラベルだと信じています。

なみのり」は自転車の拡張機能として登場するっぽいです。

ここには自転車が水上移動以外にも他にできることがあると示唆されているので楽しみですね。僕の予想は4世代のロッククライム的なことを兼ねるんじゃないかなと予想しています。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/story/190605_03.html

 

 

ポケモンについて。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/pokemon/

やっぱり杉森建氏のイラストだと、どんな新しいポケモンでもあっポケモンだっていう風に感じますね。

まず伝説ポケモンのデザインがいいですよね。

今までになかった互いがすごく似てるのが斬新です。

両方とも犬っぽいのがかわいらしくて、でもかっこよくもあって。

タイプも鋼が入るのかなあ?ぐらいしか予想できなくて、どんなタイプになるのか楽しみです。

 

次にヒメンカ・ワタシラガ。

草単タイプのシンプルなポケモンですが新特性の「わたげ」が凶悪です。

相手から攻撃を受けたら素早さを1段階下げるとのことで、一見「ぬめぬめ」や「カーリーヘアー」と同じように思いますが、もしかすると過去2つの特性と違って、”直接攻撃”じゃなくても素早さを下げられるかもしれません。

もしそうだとすると、脱出ボタンとのコンボで簡単に起点を作ることができてしまいます。

シングルバトルだとビビヨンが大暴れしてしまうかもしれないので流石にそれはないかもしれないですけど…。

 

続いてウールー。

ヌイコグマキテルグマ以外で初の「もふもふ」の特性のポケモンです。

めちゃくちゃかわいいですよね。全部がかわいいです。

知り合いが、人間の髪の毛のように結ってるから2足歩行になりそうで恐いと言っていましたが、僕もそうなったら嫌だなと思うのでゴーゴート路線でよろしくおねがいしたいところです。

 

続いてアーマーガア。

このポケモンの面白いところはタイプ1がひこうタイプなところです。

ひこうタイプというのは基本的にはポケモンの属性がまずあって、それに付属するものというのがポピュラーなんですよね。

だって、進化前にひこうタイプが無いポケモンがざらで、ヒトカゲの時にタイプ1がほのおだったのにリザードンになってタイプ1がひこうになったらおかしいじゃないですか。

タイプ1、タイプ2っていうのはそういうポケモンのイメージ的なのを形作るのにも役立っているんですよね。

これを見た方は自分の好きなポケモンのタイプをよく確認してみてください。

それでタイプ1がひこうのポケモンなんですけど、これはトルネロスオンバットオンバーンしかいなかったんですよ。(アルセウス等は除きますよ)

つまり飛行することがメインのポケモンであって。

だからこそ最初らへんに書いた、ポケモンタクシーのポケモンに抜擢されているわけですね。

ポケモンってディティールが細かいんですよ。ちゃんとしてるゲームなんですよ。

ひこうタイプとはがねタイプの複合はこれで3種類目ですが、もうそろそろアタッカー寄りの数字になってたりするかなと思います。

耐久寄りの数字だったら特性と噛み合い過ぎてるような気がするんで。

 

最後にカジリガメ。

前作ではマタマタモチーフのバクガメスというポケモンが出てきましたが、今度はカミツキガメがモチーフのポケモンですね。

みずといわ複合のポケモンは飽和状態ですが、「がんじょうあご」が適用される技をいっぱい覚えたらいいなと思いますね。それは特色ですから。

 

 

登場人物について。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/character/

ポケモンお馴染みのライバルがなんとチャンピオンの弟っていうね。

もうここからしポケモンバトルに重きを置いたストーリーということが伺えますよね。

ライバルが強いトレーナーの弟という設定は、お父さんがタワータイクーンダイヤモンド・パール・プラチナを彷彿とさせますが、公式サイトでこう、ちゃんと血縁関係が示されているというのははじめてのことじゃないですか?

 

ポケモン博士は初の老女ですね。

ポケモン博士は超重大な人物になったりならなかったりで予想し辛いですね。

ククイ博士の正体もありそうでなかった展開で良かったんで、できればマグノリア博士も空気な存在にはなってほしくないですね。

助手のソニアは現チャンピオンダンデの幼馴染。

この設定は最大限活かしてくるでしょう。

ダンデとソニアがいちゃいちゃする地獄のようなシーンを見せられそうでゾッとします。

 

ジムリーダーのヤローはハリボーグの擬人化みたいで気持ち悪いです。

まあ慣れるとは思いますが…。

 

 

最後にシステムについて。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/system/190605_04.html

まずマックスレイドバトルですが、わからないことが多すぎてなんとも言えないです。

フレンドとオンで同じ敵を倒すっていう遊びは今までなかったので、そこだけ見るとすごい楽しそうですよね。

マックスレイドで捕まえないと出会えないポケモンがいるんでしょうけど、最終的にタマゴ孵化で厳選するんでそこはなんとも思わないです。

 

目玉はダイマックスですよね。

https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/system/190605_02.html

ジュエル、メガシンカZワザに続くポケモンバトルの要素です。

これはねー…いいですよ。

何がいいってダイマックスはどんなポケモンでもできるということ。

メガシンカって特定のポケモンしかできなかったんですよね。

メガシンカができるポケモンはいっぱいいるんで、その中でもお気に入りができるならまあそれはそれでいいんですが、やっぱり好きなポケモンそのままの姿のまま戦えるのが一番いいですよね。

バシャーモ好きな人ならメガバシャーモのことも好きになるとは思います。

思うんですけど…なんていうかせっかく恵まれたデザインのキャラクターがもう在るのに、それをいじらないでもいいかなっていうか…。

バトル面でもメガシンカによってサメハダーが一線級のポケモンになったりスピアーは唯一無二の存在になったりして+(プラス)になったことのほうが多いです。大きいです。

じゃあ、メガシンカが無かったポケモンは…?っていう話なんですよ。

メガシンカがあるもないも開発の匙加減なのでそこもモヤっちゃうというかね。

リザードンが2種類メガシンカ持ってるのも不公平で納得いってないです。正直。

メタグロスバンギラスみたいな元から強いポケモンメガシンカって…って思っちゃって。

商売的に人気のポケモンメガシンカを与えるっていうのは正しいことなんですけども。

 

そんな僕個人がメガシンカに対して感じていたことがダイマックスによって解消されたように思います。

ダイマックスはメガシンカと違って3ターンしか効果が発揮されないですしね。

ポケモンバトルがより面白くなりそうでめっっっちゃくちゃ期待してます。

 

 

 

こんなところですかね。ポケモンダイレクトを見て思ったことは。

いや~11月が死ぬほど楽しみです。

もっと情報がほしいですけど、新ポケモンについてはもう情報はいらないですかね。

6世代から発売前に情報を出しすぎでプレイした時に感動が薄れるんですよね。

 

あ~楽しみ。

 

最近日常話をしてませんが…

当ブログ、ちょっと前(冬)までは毎日更新してて、些細な日常の事とかも更新してましたが最近はさっぱりしてません。

それは何故かというと記事にするほど内容がある毎日を過ごしてないからです。

 

朝起きて、生業をして、帰ってきて速攻で入浴とご飯を済ましたら後は寝るまでネットで動画見たりゲームをやったりするくらいで。

マジでそれの繰り返しなんですよね。

ゲームも短くやってクリアしちゃうインディーゲームと永遠に遊べるスプラトゥーン2とフォートナイトを交互にやってる感じなので特に書き込むこともなく。

ポケモン以外そんなにゲームに詳しくないのでウンチクをたれたりする程でもないですしね。

 

もっぱら最近の興味は明日25時のニンテンドーダイレクト

これのために毎日過ごしてきましたから。

どうぶつの森やまだ見ぬ新作マリオカートリズム天国

新作が出たとしたら絶対やるぞ!っていうゲームはいくらでもあるのでそれ待ちみたいなところがありますね。

小学生の時の遠足ばりに楽しみなのでもはやコレ以外のことは考えられない状態…

っていうのがここ最近の日常ですね。強いて言うなら。

 

 

先週水曜日にあったポケモンダイレクトに関しての記事を上げてないのでそろそろ上げたいですね。

これについては語ることは山程あります。

調子がよかったら明日上げます。

 

最近クリアしたインディーゲーム

最近インディーゲームばっかり買ってささっとクリアしての繰り返しをしてました。

羅列すると結構多かったので古い順から紹介・軽いレビューをします。

 

 

「Night in the Woods」

大学を中退したネコが地元に帰ってから始まるストーリー。

主人公はネコですけど物語はまんま人間の話で、ネコながらひと同士の微妙な距離感がうまく描写されていて、ストーリーがストーリーなので遊べば遊ぶほど暗い気持ちになっていきました。

色んなことを考えされられて人生の勉強になったのか、なってないのか…。

物語の最後、最悪なオチだけは無いので、バッドエンドが苦手な人にも敬遠せず遊んでほしいです。

ec.nintendo.com

「Firewatch」

色々あって携帯回線も通ってないような山で森林火災を監視する仕事についた主人公。

上司と無線でやり取りしながら業務をこなしていくんですが、あることがキッカケで物語は一気に不穏な展開になっていきます。

このゲームはストーリーも面白いのは勿論ですが、山を一人称視点で歩き回るのがとにかく楽しい。

結構迷ったりしますがコンパスと地図は持ってるので、それとにらめっこしながら進んでいくのは他のゲームにはない探索感がとても楽しいです。

ディティールがものすごく細かいゲームなのでもう1周遊びたいですね。

ec.nintendo.com

「六方論理」

ものすごく単純で、それでいて中毒性があるパズルゲームです。

1,2,3の3種類のマーカーを駆使して指示された数字を目指すロジックパズルです。

数独ピクロスのような感じの徐々に解けていくのが気持ちいいですね。

音楽も進んでいくほど豪華で厳かな感じになっていくのがテンションが上がります。

安いのでゼヒ。

ec.nintendo.com

Donut County」

穴を操作して物を落とすだけのゲームです。

穴は最初小さくて物を落としていくうちに広がっていって落とせる物の大きさが大きくなっていきます。

翻訳が少し微妙なのでストーリーを全部把握できていないんですが、音楽の良さは保証します。

ゲームの雰囲気がなんとなくいいなと思ったら遊んでみて欲しいですね。

ec.nintendo.com

「Minit」

呪われた剣を拾ってしまったが故に60秒で死ぬ呪いをかけられた主人公。

それを解決するために旅に出る…というのが大まかな流れでそれが全てです。

要は60秒ごとにリスポーン地点に戻されながら、その60秒をうまくやりくりして進んでいくのが楽しいです。

リスポーン地点というかセーブポイントがあるのでずっとロケーションが変わらないなんてことはないです。

2Dゼルダ的な謎解きに近いですかね?パズルアドベンチャーゲームがやりたい人にオススメです。

ec.nintendo.com

「Pikuniku」

かわいらしいキャラクターでかわいらしい世界を進んでいく2Dアクションゲームです。

シュールな感じが好きな人には是非ともやってほしいです。

難易度が低くて5時間もあればクリアできるんでサクッと遊べます。

マリオより圧倒的に簡単なのでゲームの入門編というか、それくらい分かりやすくて簡単ですね。親子向けというか。

例に漏れず音楽もめちゃくちゃいいんでユーチューブとかで聴いてみてください。

音楽目当てに買ってみてもいいかもしれません。

ゲームが簡単だから面白くないってことはないですよ。

ec.nintendo.com

 

 

以上です。

ポケモンを図鑑ナンバーで覚えたい

ポケモン全国図鑑ってあるじゃないですか。

その全国図鑑の数字でポケモンの名前が言えるようになりたいんですよね。

今はメルメタルのNo.809まであるんですけど。

キリ番は覚えるのは当たり前で、細かいところは大体は言えるようになりたいです。

 

例えば図鑑ナンバー1はフシギダネというのは誰もが知ってるし、150はミュウツーというのも誰もが知ってます。

僕が目指すのはこれの延長線上なので自然に覚えることができると思うんですけどね。

 

今のところ僕が覚えてるのは100,200のキリがいい数字と3桁のゾロ目ナンバーくらいです。

100はビリリダマで300はエネコ。

222はサニーゴで444はガバイト

これくらいは一瞬で暗記できたんで次は50きざみで覚えていきたいですね。

 

何の役にも立たない暗記ですが、ポケモンというゲームが好きなのでなんか覚えたくなっちゃうんですよね。

以前ジムバッジを暗記しましたが段々忘れてきたのでそれの復習もしたいし、もっとポケモンというゲームに詳しくなりたいです。

人生もここまで熱心に取り組めたらいいのに。

ゲーム買いまくり

バーテンダーが主人公で客とのやりとりを楽しむゲーム

「VA-11 Hall-A」

60秒で死ぬ主人公が呪われた剣の謎を解くために冒険に出る、パズルアドベンチャー

「Minit」

お金を世界にばらまくサンシャイン社の本当の目的に迫るアクションアドベンチャー

「Pikuniku」

 

最近この3つを一気に買いましたね。

いずれもいわゆるインディーゲームというくくりに分類されます。

小規模のゲーム会社のゲームのことを言いますね。

インディーゲームは独特の味があっていいんですよね~。

値段もリーズナブルなので最近はインディーばっかり買ってますね。

 

今月はゼルダの伝説の外伝作品が出たりマリオメーカー2が出たり、なんなら12日のニンテンドーダイレクトでまだ見ぬ新作が出たりする可能性があったりで大変なことになってます。

この前積みゲーをほぼ崩した状態にしたのにもうやばいことになってます。

ゲームだけして生きていきたいですね。ホント。